2007年07月29日

ブラザーとシスターと〜山田詠美の黒人恋愛小説




山田詠美の本だったら、映画になった「ベッドタイムアイズ」なんだろうけど、僕が読んだのは「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」文庫本だった。
この本が出た頃、僕は長編小説が読めなくなってた。
理由は、生活に余裕が無かったから。
金銭的にではなく、精神的に。
この本も、短編で読みやすいかと思って読んだ。

…挫折した。

文体の問題では無く、作品を貫く世界観が、当時の僕と相容れなかった。「リゲイン」の宣伝みたいに働いていた(仕事はできなかったけど)自分にとって、ヤルことばかり考えている男と女がいる事自体理解できなかった。当然、当時の自分は精神的にも肉体的にも童貞だったわけでね。
あれから20年もたってから読み直してみた。
例えばこんなところ

「黒人の男(ブラザー)にはそれにぴたりと来る女たちってのがいるもんよ。なんだって最近の男たちは、ああいうのとくっつきたがるんだろう?あの薄い唇!メイクラブしたってたいしたおもしろかないわよ。ブラザーのディックにはあたしたちの厚い唇のためにあるのよ」(黒人女のジャネイラがブラザーと踊る日本人の娘を指して言うセリフ=what's going on)

凄いでしょ?
でも、こういう世界に慣れてくると、時にはねっとりと官能的な、時には乾いた文章の中、切ない男と女の愛と別れが浮かび上がり、読後胸に残ってくる。
「男の体を求めるのは最初の半年でいの。それから後は心が欲しい」
「体はね、お菓子のようなものよ。心はね、パンのようなものなのよ。ベイビー」
(me and mrs.Jones)

変に上滑りしている精神的恋愛論じゃなく、さりとて巷のエロ小説のように、ひたすら肉欲を追求し続ける小説でもない。
本能的に、そして貪欲に体を求め合いながら、実際は心にあいた隙間を埋めようとしているブラザーとシスターの物語である。

文庫版のあとがきが本編並みに面白い。
体で男を愛して耳から注ぎ込まれる音楽を心で愛して、私の指は永遠に宿題をその間に携えている。だから、私は紙の上でペンを使ってビートを奏で続けるのだ」
「私の心はいつだって黒人女(シスター)だよ。日本語を綺麗に扱えるシスターは世の中で私だけなんだ。」


この文を読んだ時に僕の違和感が少し解消した。
日本人の男である僕には理解しにくい感情のままに行動する愛すべき黒人男性のことを彼女が書くのは自然なことなんだ。
彼女は日本語の上手な黒人女(シスター)なんだもの。

だからその魂が熱くて強い。
しかし、1回言ってみたいもんだね。
「今度会ったら、気が狂うほどやりたいね、ベイビー」
posted by とたけけ at 04:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何回か訪問してるんですが、
初めてコメント書いちゃいました!
また見に来ますねぇ!!
これからもどんどんおもしろい記事期待してます!
Posted by がんばるオヤジ!井上 at 2007年07月30日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。