2009年12月30日

子宮の記憶(藤田 宜永)


子宮の記憶 <ここにあなたがいる> (講談社文庫)

子宮の記憶 <ここにあなたがいる> (講談社文庫)

  • 作者: 藤田 宜永
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/12/15
  • メディア: 文庫




映画にもなったお話。
歯医者を父に持つ裕福な家庭で、何不自由なく暮らしていた17歳の真人は、いつも苛立っていた。

いつも、自分が家族に愛されていないという感覚が彼を悩ませていたのだ。ある日、真人は自分が生後3日である女に誘拐されていた過去を知る。
そして、自分を誘拐した犯人が真鶴に住んでいると突き止め、彼女に会いに行くことを決意する。自分がもし、誘拐されたままだったら…。
自分の居場所を求めて真人は仮名を使い、その女=愛子の働く海の家でバイトとして雇われるのだが…という筋。

詳しく書くとネタバレになるんだろうけど、
この子が、自分を誘拐した「つかの間の母親」に抱いている感情は複雑で、読んでいても「何をしたいのか?何を考えているのか?」わからなかった。
そして、結局最後に思ったのは「何も考えてない」と言う事だった。
美佳というエキセントリックな女性との恋愛も、「何でこんな女性が好きになるんだか」わからなかった。
僕は願い下げだね。自殺してしまう沙代の方が感情移入できる存在だ。

で、一番思ったのは…子宮の記憶というタイトルに関わる
人と人とのつながりを意識させる部分が最後まで感じられなかった。

少なくとも、僕には。

筋としては面白かったけど。
生後3ヶ月で自分を誘拐した女と一緒に暮らす状況って、
もう少し違ったものにならないだろうか?

これ以上はうまく言えません。
ただ、作品そのものに文句をつけているわけじゃないから。
posted by とたけけ at 02:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。