2009年07月18日

江戸に遊ぶ12(山本周五郎『やぶからし』)


やぶからし (新潮文庫)

やぶからし (新潮文庫)

  • 作者: 山本 周五郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: 文庫





小説には面白い小説と面白くない小説の2種類しかない。

こんな事を言ったのは誰だったろう?

昔は、意味も無く、難しい小説をありがたかったりしたものだが、人生も折り返し点を過ぎた今は面白いおと思う本はむさぼり読んでいるといった感じですね。

さて、山本周五郎だが、「青べか物語」は読むのに苦労した気がしたが、「寝ぼけ署長」「赤ひげ診療譚」「さぶ」…みんな読みやすく面白く、時にはやるせないものもあるが、だいたいはすっきりした読後感をくれる。
今回読んだ「やぶからし」は昭和11年から35年くらいにかけての作品集です。

人間が、抗うことのできない運命の中で、逆らうでもなく、ただ流されるわけでもなく、懸命に生きようとする人々の姿がこの小説集には見えてくる。

「入婿十万両」の浅二郎も、「抜打ち獅子兵衛」の左内も、「山だち問答」の玄一郎も、周囲の誤解も委細気にせず自分の道を貫いている。
「やぶからし」のすずや「菊屋敷」の志保は周囲の運命に翻弄され、その運命に流されながら、泣きながら生きていく。

もちろん戦前の作もあるわけで、最初の方の作品をさして軍国主義だ。ご都合主義だと言うは簡単だが、時代の制約の中で人間を描いていった山本さんの優しいまなざしが僕は好きだ。

posted by とたけけ at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。