2009年06月28日

江戸に遊ぶ11(高橋克彦『おこう紅絵暦』)


おこう紅絵暦 (文春文庫)

おこう紅絵暦 (文春文庫)

  • 作者: 高橋 克彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫




高橋克彦さんは「炎立つ」で有名になった


おこうは北町奉行所筆頭与力の妻、元は柳橋芸者ですが、もっと昔はばくれんと呼ばれた今でいうとヤンキーみたいな過去もある、情にもろくてきっぷも度胸もある女性です。
そのおこうが、嫁に優しい舅の左門と力をあわせ、江戸の巷を騒がせるさまざまな難事件に挑むというのが筋です。
この話、捕物帖としては少し異質な物語になります。

当時の武家の嫁がいかに窮屈な身分であったかを考えれば、自由に外に出て、ましてや犯罪を暴くなんてのは不可能に近い。
亭主の仙波一之進は融通の利かない頑固者で仕事人間。
ほとんど家にはいない有様です。

ここで重要なのが、舅の左門。
この人、年齢のせいで腰が悪いが、息子の嫁の鋭い勘を信じ、共に現場に出かけたりする。
他にも少し心もとないが、忠義な仙波の手下である菊弥、フットワークの軽い絵師の春朗(後の葛飾北斎)が絡んで、おこうを助ける。おこうが推理する探偵なら、この3人は実働部隊というわけだ。

全部で12編ある物語は、全て最初は普通の事件と思われたものが、おこうのふとした勘がきっかけで、思いもかけない裏側が見えてくると言う具合。さらに、ひとつの物語に登場した人間が別の物語には違う役割で登場するので、全体に深みが増しておもしろい。

中には少々ずるくないか?と思えるトリックもあるが、多くは心地よい裏切りです。それがどれかは、読んでみて下さい。

本書は『だましゑ歌麿』の姉妹篇との事。
この中に登場する春朗は、別な作品『春朗合わせ鏡』で主役を張ります。

高橋さんは、歴史物からSFまで広く作品を書かれている作家で、(江戸に遊ぶ)シリーズに入れるのはどうかと思ったのですが、他の作品を読んでないので、入れました。

何で読んでいなかったか?
実は、この前に図書館で借りた高橋さんの本が、何か超自然やらオカルトやらに関するもので、それもまともに信じているような感じだったので、読まなかったのが本当のところで、今回調べたらそういう人がいっぱい居るみたいですね。

同じ事は平井和正にも言えるんだけど。
posted by とたけけ at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家た〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実
Excerpt: 「探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
Weblog: 探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実
Tracked: 2009-06-29 02:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。