2009年06月26日

江戸に遊ぶ10(坂岡真『うぽっぽ同心十手綴り〜凍て雲』)


凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

  • 作者: 坂岡 真
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫




作者は僕と同年代。

「うぽっぽ」とは暢気なうっかりものの意味だそうで。
ま、よくある「昼行灯」みたいな感じでしょうかね?
臨時廻り同心長尾勘兵衛は袖の下(ワイロ)を受け取らない、
手柄は他の仲間に譲っても平然としている。
同僚にも悪者にも小馬鹿にされる男だが、実は裏で南町奉行根岸肥前守から一目置かれる切れ者で、
時には法を破ってでも、正義を貫く硬骨漢でもある。

例え相手が、位が上の与力であっても、松江藩十八万六千石の大名であっても、火盗改であっても、関係ない。

個々のエピソードは、どれも味わい深いが、
この作品集の中では「つわぶきの里」が興味深い。
簡単に言うと、ある朝、自身番にみかん箱を抱えた男が現れる。
中には乳飲み子が眠っているところから物語が始まるのだが、
彼は元侍で、7年前にひょんな事から、女を巡る決闘に巻き込まれ、片方の侍の片腕を斬ってしまった。
彼に斬られた侍は、意識不明となってしまい、一方でその相手は逃げてしまたっため、申し開きのできなかった彼は、妻と娘を残して八丈島に島送りになってしまう。
その後赦免になり江戸に帰って来た男は過去を捨て、紙漉き職人として暮らし始める。
彼が斬った男は片腕となって侍をやめ、女とともに農民になり、
その決闘から逃げた男は、浪人となり土器を売って生計を立てていると言った具合。

人の幸せとは何だろう?と思わされる物語です。

この物語のラストは「どこかで見たような」風景で終わります。


ところで、この話の中でひっかかる表現がひとつ。
紙漉き職人となった平助こと坂崎平内と勘兵衛が、坂崎の妻子の待つ公事宿に向かう場面です。

「勘兵衛にも緊張が伝染り、うっかりすると右手と右足が同時にまえに出てしまいそうになった。」という一文。

たぶん、江戸時代の歩き方ってナンバといって手と足が一緒にでる歩き方だったような気がするんだけど。

ま、いーか。
posted by とたけけ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。