2009年07月18日

江戸に遊ぶ12(山本周五郎『やぶからし』)


やぶからし (新潮文庫)

やぶからし (新潮文庫)

  • 作者: 山本 周五郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: 文庫





小説には面白い小説と面白くない小説の2種類しかない。

こんな事を言ったのは誰だったろう?

昔は、意味も無く、難しい小説をありがたかったりしたものだが、人生も折り返し点を過ぎた今は面白いおと思う本はむさぼり読んでいるといった感じですね。

さて、山本周五郎だが、「青べか物語」は読むのに苦労した気がしたが、「寝ぼけ署長」「赤ひげ診療譚」「さぶ」…みんな読みやすく面白く、時にはやるせないものもあるが、だいたいはすっきりした読後感をくれる。
今回読んだ「やぶからし」は昭和11年から35年くらいにかけての作品集です。

人間が、抗うことのできない運命の中で、逆らうでもなく、ただ流されるわけでもなく、懸命に生きようとする人々の姿がこの小説集には見えてくる。

「入婿十万両」の浅二郎も、「抜打ち獅子兵衛」の左内も、「山だち問答」の玄一郎も、周囲の誤解も委細気にせず自分の道を貫いている。
「やぶからし」のすずや「菊屋敷」の志保は周囲の運命に翻弄され、その運命に流されながら、泣きながら生きていく。

もちろん戦前の作もあるわけで、最初の方の作品をさして軍国主義だ。ご都合主義だと言うは簡単だが、時代の制約の中で人間を描いていった山本さんの優しいまなざしが僕は好きだ。

posted by とたけけ at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

色闇(山藍紫姫子)


色闇 (角川文庫)

色闇 (角川文庫)

  • 作者: 山藍 紫姫子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: 文庫




作家の名前は(やまあい しきこ)と読みます。
これもまた、先輩の時代物の蔵書から譲り受けたものなのですが、
相当色合いが変わっています。

早い話がBLもの、耽美ものです。
このブログを読む方々が、この種の小説を読むのかわかりませんが、
僕は読んだので、紹介するわけです。

これは「大江戸捕り物秘帖 狗−いぬ−」というシリーズ?ものです。
主人公は月弥という美貌の陰間。
陰間とは、売春婦の男版と言ったら簡単ですが、
江戸時代には陰間茶屋という場所もあり、
戦国時代の稚児じゃないが、男色も普通に存在していたようです。
ホモ・セクシャルと言うより、両刀使いというのかな?
男と女では味わえない、男と男の間だけにある性の快楽があったという事です。

さて、この月弥、ただの陰間ではない。
元は江戸中を震え上がらせた犬神の早太郎という盗賊一味の二代目
早太郎一味を捕らえ、壊滅させたのが、後に月弥の「飼い主」になる
牙神左衛門之丞尚照という、元火付盗賊改長官。
長官時代に妻子を人質に取られ脅迫をい受けたのを退けたために、
妻を陵辱の上殺され、息子は行方不明となった牙神は職を辞し、
今は市内見回りといった閑職に就く。
長官時代の鋭さは影を潜め、腑抜けの昼行灯といった様子だが、
裏では若年寄の篠井長門守の命を受け、法で裁けぬ悪を取り締まる役目に就いているのだ。
月弥は牙神の色小姓であるとともに、彼の密偵(狗)となって働くのである。

これが大まかな筋立てなんだけど、中身は、まあ、男と男のめくるめく官能の世界ってやつですな。

牙神の後任に就いた中郷主膳は切れ者として評判を得ていたが、
その裏では、盗賊を操り、押し込みを働かせたうえに家人もろとも皆殺しにして、盗んだ金品を着服しているとんでもない男だった。

牙神は、月弥を中郷の元に送り込み、陰間の技で彼を篭絡させ、
そのたくらみをつぶそうとするのだが…。

好きな方は読んでみてください。
世界感が変わるかもしれませんよ。
posted by とたけけ at 09:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。