2009年06月28日

江戸に遊ぶ11(高橋克彦『おこう紅絵暦』)


おこう紅絵暦 (文春文庫)

おこう紅絵暦 (文春文庫)

  • 作者: 高橋 克彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫




高橋克彦さんは「炎立つ」で有名になった


おこうは北町奉行所筆頭与力の妻、元は柳橋芸者ですが、もっと昔はばくれんと呼ばれた今でいうとヤンキーみたいな過去もある、情にもろくてきっぷも度胸もある女性です。
そのおこうが、嫁に優しい舅の左門と力をあわせ、江戸の巷を騒がせるさまざまな難事件に挑むというのが筋です。
この話、捕物帖としては少し異質な物語になります。

当時の武家の嫁がいかに窮屈な身分であったかを考えれば、自由に外に出て、ましてや犯罪を暴くなんてのは不可能に近い。
亭主の仙波一之進は融通の利かない頑固者で仕事人間。
ほとんど家にはいない有様です。

ここで重要なのが、舅の左門。
この人、年齢のせいで腰が悪いが、息子の嫁の鋭い勘を信じ、共に現場に出かけたりする。
他にも少し心もとないが、忠義な仙波の手下である菊弥、フットワークの軽い絵師の春朗(後の葛飾北斎)が絡んで、おこうを助ける。おこうが推理する探偵なら、この3人は実働部隊というわけだ。

全部で12編ある物語は、全て最初は普通の事件と思われたものが、おこうのふとした勘がきっかけで、思いもかけない裏側が見えてくると言う具合。さらに、ひとつの物語に登場した人間が別の物語には違う役割で登場するので、全体に深みが増しておもしろい。

中には少々ずるくないか?と思えるトリックもあるが、多くは心地よい裏切りです。それがどれかは、読んでみて下さい。

本書は『だましゑ歌麿』の姉妹篇との事。
この中に登場する春朗は、別な作品『春朗合わせ鏡』で主役を張ります。

高橋さんは、歴史物からSFまで広く作品を書かれている作家で、(江戸に遊ぶ)シリーズに入れるのはどうかと思ったのですが、他の作品を読んでないので、入れました。

何で読んでいなかったか?
実は、この前に図書館で借りた高橋さんの本が、何か超自然やらオカルトやらに関するもので、それもまともに信じているような感じだったので、読まなかったのが本当のところで、今回調べたらそういう人がいっぱい居るみたいですね。

同じ事は平井和正にも言えるんだけど。
posted by とたけけ at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家た〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

江戸に遊ぶ10(坂岡真『うぽっぽ同心十手綴り〜凍て雲』)


凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

  • 作者: 坂岡 真
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫




作者は僕と同年代。

「うぽっぽ」とは暢気なうっかりものの意味だそうで。
ま、よくある「昼行灯」みたいな感じでしょうかね?
臨時廻り同心長尾勘兵衛は袖の下(ワイロ)を受け取らない、
手柄は他の仲間に譲っても平然としている。
同僚にも悪者にも小馬鹿にされる男だが、実は裏で南町奉行根岸肥前守から一目置かれる切れ者で、
時には法を破ってでも、正義を貫く硬骨漢でもある。

例え相手が、位が上の与力であっても、松江藩十八万六千石の大名であっても、火盗改であっても、関係ない。

個々のエピソードは、どれも味わい深いが、
この作品集の中では「つわぶきの里」が興味深い。
簡単に言うと、ある朝、自身番にみかん箱を抱えた男が現れる。
中には乳飲み子が眠っているところから物語が始まるのだが、
彼は元侍で、7年前にひょんな事から、女を巡る決闘に巻き込まれ、片方の侍の片腕を斬ってしまった。
彼に斬られた侍は、意識不明となってしまい、一方でその相手は逃げてしまたっため、申し開きのできなかった彼は、妻と娘を残して八丈島に島送りになってしまう。
その後赦免になり江戸に帰って来た男は過去を捨て、紙漉き職人として暮らし始める。
彼が斬った男は片腕となって侍をやめ、女とともに農民になり、
その決闘から逃げた男は、浪人となり土器を売って生計を立てていると言った具合。

人の幸せとは何だろう?と思わされる物語です。

この物語のラストは「どこかで見たような」風景で終わります。


ところで、この話の中でひっかかる表現がひとつ。
紙漉き職人となった平助こと坂崎平内と勘兵衛が、坂崎の妻子の待つ公事宿に向かう場面です。

「勘兵衛にも緊張が伝染り、うっかりすると右手と右足が同時にまえに出てしまいそうになった。」という一文。

たぶん、江戸時代の歩き方ってナンバといって手と足が一緒にでる歩き方だったような気がするんだけど。

ま、いーか。
posted by とたけけ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

ムッシュ・クラタ(山崎豊子)


ムッシュ・クラタ (新潮文庫)

ムッシュ・クラタ (新潮文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/08
  • メディア: 文庫




山崎豊子と言えば…華麗なる一族(キムタクでドラマ化)、大地の子(NHKでドラマ化)、不毛地帯(ドラマ化予定)、二つの祖国(NHKでドラマ化)などなど…長い作品が多く、ドラマで見てしまうと原作を読む気がしなくなると言う訳でもないんだけど、長い作品(分冊化したもの)は、まともに読んだ記憶がない。

この作品集「ムッシュ・クラタ」は、読みやすい短編集であり、解説によれば、山崎豊子さんのほかの作品とは毛色が違うものだそうです。

表題作はフランスを恋人のように愛した一新聞記者の生涯をさまざまな人の証言を組み合わせて浮き上がらせていくというもの。
鼻持ちならないフランスかぶれのオトコから、気骨あるダンディの一面まで積み重なるように浮き上がってくる。

まあ、考えてみれば、文学で書かれる人間像だって、どこか作者の意図をもって切り取られた一面でしかないわけで、最後の最後になって「ふうっ」と軽いため息がでるような作品と言えばいいんですかね?

この他の「晴着」「へんねし」「醜男」といった、この作者にしてみれば短い作品でも、凝縮したような人生がページから飛び出してくるようで、それぞれ興味深かった。

中でも「醜男」は切ない…。

もったいないくらいの美人の嫁さんをもらったことが自慢だった醜男の万年係長が、定年間近になって「目覚めた」嫁に逃げられ、振り回され、たまに来る無心の手紙に嬉々として応じて復縁を迫ってすがり付き、捨てられて(悲しいったらありゃしない)ようやく自分を好いてくれる女に巡り合って立ち直りかけたが、今度は病気になり、死ぬ間際に口に出したのは逃げた前妻の名前。(看取った女にしてみればいいツラの皮だよな)
その前妻からは「最後の」無心の便りが届いていたわけで。
看取った後妻には何も残すことができなかった男…情けなく悲しい人生である。

この他にも、
「晴着」の主人公の(何もいい事がないような)人生も切ない。

「へんねし」では旦那の浮気に耐える一見いい女の裏に隠れた怖さを最後の最後にドーンと見ることになる。

この種の作品もいいよな…。
posted by とたけけ at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

江戸に遊ぶ9(新宮正春『陰の絵図』)


陰の絵図〈上〉

陰の絵図〈上〉

  • 作者: 新宮 正春
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1990/03
  • メディア: 単行本




陰の絵図〈下〉

陰の絵図〈下〉

  • 作者: 新宮 正春
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1990/03
  • メディア: 単行本




新宮正春さんと言うと、元巨人番の記者の方で、作品でもスポーツ関係の方が有名だったと思ってた。
でも調べてみたら、時代小説もたくさん書いてるんですね。
この物語は、徳川家康の重臣で、天領の総代官や佐渡金山などの奉行として徳川幕府の財政基礎構築に多大な功績を残しながら、死後不正蓄財のかどで遺児7人が処刑され、他にも多くの大名旗本が連座する大事件に発展した大久保石見守長安の残したと思われる遺金をめぐり、繰り広げられるスケールの大きな物語です…と言うのが大体の筋。

時は三代将軍家光の代、日光東照宮の造営のための経費、島原の乱の戦費等で幕府の財政は逼迫していた。
そこで、浮かび上がったのが長安がどこかに隠したと思われる五百万両とも言われる遺金だった。
その場所は、彼が子孫に残した青龍、朱雀、白虎、玄武の四振りの銘刀のなかごに刻まれた文字に隠されていると言う。

いち早く、それに気付いたのが「知恵伊豆」とも言われた松平伊豆守信綱、家光の側近で幕府の回国者(隠密)を動かす中根壱岐守正盛、その甥にあたり、今は姿をくらました元伊賀組同心頭の服部小半蔵と言った面々、それに、同じく遺金に気付いた、北条早雲の血筋を引く頭領、奇平次に率いられた風の党という忍びの軍団や、長安の遺児藤次郎、さらには紀州大納言頼宣の落とし胤の龍之助や彼を守りながら幕府に謀反を考える軍学者由比正雪や、龍之助を守る役目である元紀州の鯨撮りだった風伝の源太が関わる。
さらに、長安の一族に恨みを持つ忍びであるましらの仙蔵などが絡んで話の背景にある怨念や人間関係がどんどん入り組んでくる。

最後には春日の局や現将軍家光にかかる天下を揺るがす秘密だとか…。

話はどんどん大きくなってくる。

暗号解読の楽しみ、黄金捜しという冒険活劇、奇平次の娘である18才の鈴音と源太の淡い恋愛感情。仙蔵と源太との死闘の行方…

ここで、全てを説明するのは不可能ですね。

そうそう、タイトルにある「影の絵図」は最後の最後にわかりますよ。

一言で言ってしまえば、
人間の欲望のむなしさ。
これが感想かな。
posted by とたけけ at 10:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

奇想小説集(山田風太郎)


奇想小説集 (講談社文庫)

奇想小説集 (講談社文庫)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 文庫




山田風太郎を読んだ。

まあ、有名なところは、『警視庁草紙』や『甲賀忍法帖』なんだろうが、この「奇想小説集」を図書館で借りたのは、この中に入っている『黄色い下宿人』というホームズものがあったからだ。

話は、文学者クレイグ博士が、隣人であるジェームズ・フィリモア氏が失踪した事をホームズに相談したところから始まる。
ホームズとワトソンがクレイグ博士の家を訪ねると、そこには東洋人の先客がいた…。
この作品で、ホームズはこの東洋人(日本人)に推理上の敗北を喫してしまうのだが、彼こそ留学中の夏目漱石だったという筋である。

しかし、読んでみると、どちらかと言えば正統的な『黄色い…』より最初の『陰茎人』の着想に度肝を抜かれた!

なにしろ、体内の臓器が上下逆についたばかりに、花が股間にあり、男性のシンボルが顔のど真ん中に鎮座するという、マンガにもなりそうもない話なのだ。エロマンガならかろうじて物語になりうるかも知れないが。
 作家の力量が想像力ならば、この文字通りに奇想天外な前提からどうやって話を進めてオワリまで破綻せずに書ききることができるのか?
山田風太郎はやはりすごい。

その他体全体が液体のようにグニャグニャに曲がる女との情事におぼれた男の話(『蝋人』)、人口抑制のために制欲帯の着用と性交時間の制限を政府が義務付ける話(『満員島』)、売春防止法が施行されて、行き場のなくなったモテナイ男のために作られた自動射精機が飛ぶように流行していく話(『自動射精機』)処女を失った女性は額にツベルクリン反応のように丸い輪が浮かぶクスリ「ハカリン」が巻き起こす騒動(『ハカリン』)など、この人しかできそうもない発想の作品ばかりである。

山田ワールドの一端に溺れてみるのも一興かと思いますよ。
posted by とたけけ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

江戸に遊ぶ8(佐伯泰英『死闘!』)


死闘!―古着屋総兵衛影始末〈1〉 (徳間文庫)

死闘!―古着屋総兵衛影始末〈1〉 (徳間文庫)

  • 作者: 佐伯 泰英
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/01/05
  • メディア: 文庫





日本橋富沢町に大店を構える古着問屋、大黒屋総兵衛は全国の古着商いを一手に引き受ける富沢町惣代の顔とともに、かつて初代が「神君」徳川家康と交わした約束により、代々隠れ旗本として幕府のために裏の仕事を務める密命を受けて、代々その任務を果たしてきた。

家康の死から85年が過ぎた元禄14年。
現6代目総兵衛が惣代を務める富沢町の古着市にぎわう中、
大黒屋の担ぎ商いの女、そめが無残な死体となって発見されたところから物語は始まる。
そめに続き、同じ富沢町の古着商の駿河屋繁三郎が喉首を斬られた惨殺体で源森川の岸辺で発見された。

何者か大黒屋の存在を快く思わない闇の勢力が大黒屋〜鳶沢一族に襲い掛かってきたのだ。

北町奉行保田宗易、筆頭与力犬沼勘解由、同心遠野鉄五郎、駒込殿中お歌の方、そして大黒屋の権益を狙う江川屋彦左衛門、さらにその後ろには、「御前」と呼ばれる、五代将軍綱吉の下で強大な権力を持つに至った側用人柳沢吉保の影が…

家康から拝領した愛刀三池典太を手に、総兵衛の祖伝夢想流の太刀が血しぶきをあげる…。


江戸の都市づくりが始まったばかりの頃、
全国から集まった浪人や野武士による無法を取り締まるべく、
そうした無頼の男鳶沢某に命じ悪人退治の任務を与えた。
見事にその任務を果たした鳶沢は、家康の許しを得て、
その名を冠した鳶沢町を造り古着商いの権利を与えた。
鳶沢町はその後富沢町と名を変え、古着商いの大市場として大層繁盛したらしい。

このことから佐伯さんが筆を起こしたのが、この「死闘!〜古着屋総兵衛影始末」という書き下ろし小説なんだそうな。

作家の想像力は、江戸の町に表は古着屋、裏は秘密基地を擁した、鳶沢一族のアジトを作り出す。
初代将軍家康の命により代々江戸の治安を影から支えた鳶沢一族と、現将軍綱吉の威光でのし上がった今の権力者柳沢〜松平美濃守吉保との暗闘は、ありそうな話で面白い。

観てきたようなウソをつき…。
時代小説の作者は、人一倍自由な想像力がないと勤まらないなと感じる一冊。
「死闘!」はこのシリーズの最初の一編でこの後も続き第11作「帰還!」まで出たそうな。

言うまでもなく、
佐伯さんはこの他にもドラマにもなっている「居眠り磐音 江戸双紙」や、「吉原裏同心」「夏目影二郎始末旅」など、物凄く多くの作品を書いている人気作家でいらっしゃるわけだが、時代小説に転身する前は全く売れず、30代から作家として闘牛小説や冒険小説を書き始めて、ヒットしたのは57才になってからとウィキで知った時には、「継続は力なり」と言うか、人生いろいろというか…。

現在は西村京太郎先生なみに作品数の多い人気作家になっています。
文庫書き下ろし時代小説だけ書いているそうで、読む方が追いつかないくらい早く作品を書き上げる力は感心するばかり。

いや〜、時代小説って、ホント面白いですね!
posted by とたけけ at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家さ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。