2009年01月18日

森は生きている(マルシャーク)




とある国の14歳のわがままな女王は、真冬の12月に4月に咲くマツユキソウが欲しいと言い、国中にお触れを出します。そのため国中は大騒ぎ。

ご褒美の金貨が欲しい母と娘は、代わりにいつもお手伝いのように使っている次女のままむすめを真冬の森に送り込むのですが…。

この物語の主役は、理不尽な命令で真冬の森の中をマツユキソウを探すはめになったために、偶然大晦日の晩に集まる1月から12月までの月の精に出会い、4月の精と婚約して(?)幸せになるままむすめ(すごいネーミングだね)だけど、やはり、12ヶ月の精たちが支配する「森」そのものが一番の主役ですね。

12ヶ月の精は12名、
老人が3人、中年が3人、青年が3人、そして少年が3人です。
いつも薪やソダを拾いに森に入るままむすめは、
月の精たちもみな知っていました。
彼らは気立てのいいその子を助けるために、
森の中に4月を作り出し、マツユキソウを彼女に与えます。

そんな彼女から手柄を奪って、ままははとむすめがお城に向かったものだから、女王がマツユキソウを取りに森に入ることになるのです。

人々は、月の移り変わりを自然の中で感じていたんでしょう。
1月の雪、2月の吹雪、3月の雪解け、4月の開花…
そうした自然への尊敬や畏れがこの物語の元になる民話となったんでしょうね。

僕の生まれ育った北海道は、ロシアほどではないにせよ、
豊かな自然に囲まれていたんですね。
懐かしいです。
posted by とたけけ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

「落城」「足摺岬」など(田宮虎彦)


田宮虎彦が自殺したニュースは、当時ビックリしたなあ。
実際は新聞報道だけで、それ以上の騒ぎはなかったんだけどね。
僕が田宮虎彦を読んだのは「落城」と「足摺岬」だった。
何回も書いたけど、大学に入った当時、
僕は通学の列車の中で読書していた。
作家ごとに一冊を読もうと決めていて、
たぶん、倉橋由美子の後に田宮虎彦の本を読んだと思う。

…慶應四年十月十六日、仙台にあった奥羽追討の西国勢主力についに北上の動きがみえた。
前日幕府方軍艦捜査を名として石巻より北上した土佐、肥後、津和野三藩聯合二枝隊七百の兵と呼応するように、この日辰の刻薩摩安芸二藩聯合三百五十、薩摩佐土原二藩聯合五百六十の二枝隊が仙台を発ったのである。

この書き出しで、黒菅藩という架空の小藩の滅亡を淡々と書いた「落城」では幕末という大きな歴史の流れの中で無力な武士たちの最期が描かれる。

「足摺岬」では、自殺をするために訪れた足摺岬で、元佐幕派の藩士だったらしく、壮絶な戦いの中で、妻と赤子にとどめをさしてから、薩長連合の軍勢に切り込みをかけるも、死に切れずに生き残ってしまったことを語る。彼らの言葉を聞いて。主人公は、自殺をあきらめる。
そして、小説は主人公が再び足摺岬を訪れる場面で終わります。

普通、一度生きる決心をして自殺をあきらめた主人公が、再びこの場所をおとづれるとしたら、普通は「生きててよかった」的な流れになってくると思うんだけど、再び足摺岬を訪れた主人公は別な絶望と後悔の中にいるんだよね。

作家は作中人物たちに容赦ない。
救いを用意してくれない。

昔、日経で田宮虎彦の「私の履歴書」を読んだ。
彼の小説と同じで暗く、あまり救いのない内容だった気がする。
今回調べることができなかったが、彼は昔詩人になろうとして、
三好達治か丸山薫に師事し、結局叶わなかったような事が書いてあったと記憶しているんだけど、はっきりと覚えてない。

彼の書く人間って、弱くて情けなくて悲しい。
でも、弱くて情けなくて悲しいから生きる価値もあるんじゃないかって、思いたいんだけど、田宮さん自身が自殺してしまったから、余計に悲しいね。

posted by とたけけ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。