2008年02月17日

冬眠…そしてわが消息


前回は10月10日だったんだね。

それも村上春樹だった。

「村上春樹って面白いですか?」なんて
不遜な問いかけをしてたんだね。

それに対して別に反応もなかったけどね。

村上春樹って、みんな読んでいるし、新作が出版されると物凄く売れるでしょ?
「海辺のカフカ」もそんな感じ。
でも、意外と話題にならないんだね。
京極堂や東野圭吾を語る人はいるんだけど、
村上春樹を熱く語る人は少ない。

意外と村上春樹を読み込んでいる人って少ないんじゃないか?って思っちゃう。

いや、もちろん、熱いファンもいるんだけどね。
入り込みにくいハードルを持ってる作家である事は間違いない。
ま、この辺りは高橋源一郎も島田雅彦も同じなんだけど。
gooのQ&Aを調べると
村上春樹の表現が好きになれない人は多かったな。
「ノルウエイの森で挫折しました。」みたいなね。
ただ、気になった表現も少し。
村上春樹がノーベル文学賞がとれるか?について
「村上春樹のノーベル賞なんて日本で勝手に騒いでるだけでしょ?読んだ事ないけど」って文章があったことです。
どこが?わかるでしょ?

「読んだ事ないけど」って言葉

それって、文学を語る場の発言としてあまりに無神経で傲慢でしょ?

読まないのに「こいつはダメ」って断じているに等しい。

僕は、わからなくても読んでから感想をいいたい。
それが「わからない」でも「おもしろくない」でも正直だと思うからね。

おっと、表題と内容が合ってないね。
本は読んでました。
ただ、なんとなく書けませんでした。
深く考えすぎたのかも知れません。
文学について書いたもんだから。
構えちゃったのかもね。

「放浪記」なんだから、どう彷徨ってもいいわけなんだ。

今年のプチ目標
村上春樹に挑戦
…でも去年は京極堂に挑戦したけど挫折したよな。
今年は何とか頑張ろう!





posted by とたけけ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。